ホーム » FX » 【投資初心者必見!?】海外FXの口座開設は銀行が良いのか?

【投資初心者必見!?】海外FXの口座開設は銀行が良いのか?

FX

海外FXの口座開設は銀行が良いのかでしょうか?あるいは他の方法がいいのでしょうか?また、留意しておかないといけないルールは存在しているのでしょうか?注意点のようなものはあるのでしょうか?

基本的なルールについて

海外FXをする場合には入金の方法と出金の方法は基本的に同じ方法にしておくことが求められます。更には出金方法には優先順位が存在しています。クレジットカードを用いるものが最優先となります。口座からの出金は優先順位が下がってしまいます。FX用の口座を開設するとそれに対してボーナスをもらうことができますが、そのお金をそのまま出金することは不可能である場合がほとんどです。また出金先は同じ名義にしておくことも求められます。出金をする場合には、幾つかの方法があります。それぞれメリットデメリットが存在しています。クレジットカードを使って出金することは問題なくできますし、手数料は発生しませんが、出金の反映に時間がかかってしまうことがあります。口座開設をして国内の銀行を使って出金するということも可能です。出金手続きを代行してもらうことになりますので、誰でも簡単にすることが可能です。手数料が発生してしまいます。着金するまでに3から5日程度必要となりますので、時間的に余裕を観ておくことが求められます。

口座開設をして海外の銀行から出金する場合は国内のものと同じと考えて大丈夫です。電子決済システムを利用することもできます。この場合には銀行よりも手数料が安くなります。更にはいつでもどこからでも出金の手続きをすることが出来ます。一方で新しい方法であることもあって、対応してくれる業者が少ないという欠点があります。仮想通貨を利用するという方法もオススメです。手数料が安く設定されていますが、対応してくれる業者は限られています。仮想通貨の価値が変動してしまうことは考えておくことが求められます。

金融庁の管理

海外FXでは金融庁の指示によって入出金の方法が変わることはあり得ます。特に日本の金融ライセンスを持っていない業者の場合にはその可能性が高くなります。お金の動かし方でのトラブルを避けたいなら、ライセンスを持っている業者を利用することが確実といえます。また、FXによって一定の収益をあげるとそれに対して税金の支払い義務が生じてしまいます。その点は注意が必要です。不明の点がある場合には業者に問い合せる事がオススメです。

語学に不安がある場合には、日本語対応をしてくれる海外FX業者をチョイスして、取引をする様にすることが肝要です。

ルールに乗った運用を

海外の業者を利用したFXは大きな利益を上げることを可能にしてくれるとても魅力的なものです。しかしながら、運用にあたってはルールがありますので、その点は確認しておくことが必要です。急にルールが変更になる可能性もありますし、利益に応じた税金の支払い義務が存在していることも忘れてはなりません。